PiFast空冷最高クロックチャレンジクラス その2

板と石を変更してみました。

PiFast空冷最高クロックチャレンジクラスの登録用

    * 次項で指定するスクリーンショット
5207

    * エントリーマシンの外観写真
IMG_0769

* エントリーマシンの構成パーツ(メーカーと型番を明記)
          CPU:i5 680
          M/B:Foxconn Inferno Katana
          RAM:A-DATA AD32133F001GU3K
          VGA:Leadtek 8600GT 256MB
          HDD:Western Digital Caviar SE WD2500AAJB
          CPUクーラー:Noctua NH-U12P SE2
          PSU: SuperFlower SF-1000R14HE
          その他:92mmファン*2
          OS:XP SP3 Home 32bit
    * CPUのオーバークロック後の動作クロック(以下に示すCPU-Zに表示されているCore Speedの値を記述してください。
        5207MHz

石を買ってきたので、まずはInferno KatanaでPifast完走記録を出してみました。
680に乗せ換えて1Coreで立ち上げるも何故かTBが利かず倍率が27倍のまま…ステッピングが変わったのでしょうがないかと思いOSを入れ直すも27倍から動きませんでした。TB有効でも無効でも27倍なので結局無効のまま進めることに

Twitter用にもバリを取っておきました。
http://valid.canardpc.com/show_oc.php?id=1187741
http://valid.canardpc.com/cache/screenshot/1187741.png

Core Voltage取得できてないのは板のせいでしょう。1.72Vかけたと思います。VTTは全然入れてません。
結局OSに入ってからは、クロックも電圧も弄れないままでしたのでここまで回れば石は外れではなさそうです。
板自体もなかなか良くできているような気はするのですが、やはりBIOSやらユーティリティに問題があります。Lynnfieldを乗せればよく回りそうですが検証の機会がありません。

IMG_0770

基板の裏が光ったりと、Quantum Forceには今後も期待してます。

/*********追記**********/

Pifastがバグっていて完走していませんでした。
OCGP2010にはEVGAの板のみでの登録となります。

/**********************/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)